Gcraud

 このブログは2012 ~ 2015 でロボカップジュニアサッカー部門に出場させていただいたGcraudの活動を記録したものです。
ブログ移行は途中まで行われましたがチーム解散とともに中止となりました。

2013年01月

RXをArduinoの言語で書けるようにしようとしています。
たいした理由じゃないんですけど、ArduinoMegaがロボットに乗ってて
ピンヘッダで基盤に付けてるのでとるのがめんどくさかった...
で、Megaで遊べなかったのでRXで遊んでます。
ちなみに開発環境までArduinoにはできないので(僕の技術的に)、
HEWのままです。

analogRead();とanalogWrite();、digitalRead();、digitalWrite();、
pinMode();、void loop();、void setup();、らへんの関数を
作りました。
RX_Arduino
↑こんな感じです。
あと作りたいのはpluseIn();とシリアル通信の関数なんですが、
シリアル通信は難しそうです。
pluseIn();を今作ってます。インプットキャプチャを使わないで作りたいんですが
できるかは不明

ロボットのほうは、ボールセンサーをメイン基盤につなぐのと超音波センサーの不具合を直せば
あとは制御に入れます。

お久しぶりです。ちょっとインフルで死んでました...

さて、今日は新ロボットのマイコン(←変わりすぎな気もしますが)
G45がRXマイコンきらうのでArduinoMega使うことになりました。G45がArduino使ってるんで...
Arduino_Mega_2560_R3

Due使おうと思ってたんですが3.3[V]だから使いにくいなーって理由でやめました。
due2
Arduinoってサッカーではほとんどの人が使ってるマイコンですよね。
ピンがずれてるとかMegaのときは遅いとか(クロック)ありますけど使う理由としては
やっぱほかのマイコンボードと比べてプログラムが楽だからでしょう。
G45の言い分もそんなことでした。実際いろんなマイコンがArduinoに合わせてますし。
サッカーの動きのプログラムを書くことに集中するにはとても向いてます。
digitalWrite();とかanalogRead();とか書くだけでADCもデジタルIOもできますから。
僕的にはpulseIn()が一番感動しました。
ピンの1になってる状態の時間が計れたりするやつです。Arduino日本語リファレンス見て知りました。
そんな感じでいろんなことが簡単にできるようになります。


かなり話変わるんですけどサッカーのルールが発表されてたみたいですね。
フィールドが変わったりしてます。
なんかソレノイド使えそうですね。キッカーの威力制限はかかったままですけど。


↑ちょっと遅くなりました。今日は特に画像ないです。

去年このブログに来てくれた方ありがとうございます。
今年も回路とかマイコン紹介とかしていきたいと思います。
今年もよろしくお願いします。

さて
新年ということで目標でも↓

今年の目標は

強いロボットを作る

です。

以下 去年の反省、今年について、その他…
去年は性能を求めたり自作をしたりとロボット作りに必要な知識集めをしていました。
当然強いロボットにもなりませんでしたしそれどころか間に合うかすら怪しい状況で...
まだ今年の大会で次に進めないと決まったわけではないのでどうなるか分かりませんが
年が明けたことだしなんか新体制でロボット作りを進めていこうと思います。(メンバーも増えたし)

このページのトップヘ