Gcraud

 このブログは2012 ~ 2015 でロボカップジュニアサッカー部門に出場させていただいたGcraudの活動を記録したものです。
ブログ移行は途中まで行われましたがチーム解散とともに中止となりました。

2013年11月

定期テストの最中なため更新頻度がだいぶ落ちています。

本題です。
24日(日)に,東東京ノード大会がありました。
PB250465
今年は5チーム参加で総当たり戦の試合でした。
練習競技会の時と同様,LEGOが強かったです。
今回オープンの競技は関東ブロックでの参加チーム数が少ないため行われませんでした。
結果は優勝です。
神奈川西東京ノード大会と 会場が同じだったので,両方の試合を見ました。
東東京より神奈川西東京のほうがロボットの完成度が高かったです。
 

11月3日に練習競技会がありました。
高専祭で毎年行う行事です。今年はせとうちオープンとかぶってるようです。
オープンは例年通り相手がいないので,僕は審判をやりました。
競技会についてです↓
今年のライトにはジョンミンがいますね。例のronofセットです。
あのモーター見た目より重いようで1100ギリギリのロボットが多かったです。
スピードは速いところから遅いところまで結構安定して動いていました。
速いだけだとアウトオブバウンズなどから使いにくいですが,減速がきくと使い勝手がよく強いロボットを作るうえでプラスになると思います。
そのほかはLEGOのロボットと,うちの1年生ロボットです。
LEGOがよく動いてました。
センサー数が少ないものの正確に動いてます。
アウトオブバウンズはほぼしてませんでした。
LEGOロボットで気になったのがボールセンサーについてで話を聞いたところ「IRシーカー」というのを使っているそうです。
サッカーでは結構有名みたいですが,僕はボールセンサーと聞くとPLIRM2121かIRM3638くらいしか出てこないので知りませんでした。
IRSeeker V2
Click me for a bigger version
反応スピード等はどうなのかわかりませんがBフィールドの端からは端くらいは軽く見ていました。
調べたところ通信はI2C?でフォトダイオードらしきもが5個入っています。
距離を読んでくれると助かるので使ってみようかなと思ったんですが,遅い(らしい)のと高いのでちょっと手が出ません...。
1年生ロボットについてですが,軽くするためにタミヤのハイスピードギヤボックスを2セルのLipoで動かしているんですがなんか遅いっていう現象が起きていました。
限界速で動かしてもダイセンモーターの60:1に及ばない程度です。
どうにか東東京ノードは抜けてほしいんですがどうなるかわかりません...。

このページのトップヘ