Gcraud

 このブログは2012 ~ 2015 でロボカップジュニアサッカー部門に出場させていただいたGcraudの活動を記録したものです。
ブログ移行は途中まで行われましたがチーム解散とともに中止となりました。
 現在はcraudがごくたまに更新しております。コメントもごくたまに見ます。

2014年07月

ぜむです。

1日目ですが、1日目は個別の試合が2試合、スーパーチームが2試

9:45~ Individual 第1試合合という感じでした。

当初の時間としては、
11:00 Individua 第2試合の組み合わせ発表
12:45~ Individua 第2試合
15:40~ SuperTeam 第1試合
17:20~ SuperTeam 第2試合

という予定で連絡がありました。

サッカーは、すべての連絡がメールによるNewsLetterになっています。
細かいことは紙の張り出し用のですが

便利といえば便利?なのですが、会場にネットはないし、情報提供もそんなに早くないです。

結局そのNewsletterを印刷して掲示してくれていました。

実際の流れは…

まず、朝7時にホテルを出発し、会場に到着してからは調整をしつつ、車検を受けました。

車検も大混雑、日本人だけではないので、しっかり整列しているわけでもないです。

少し待つと、混雑も解消され、車検もすぐに受けられるようになっていました。

ここで、車検などに手間取ったのか、全体スケジュールが30分遅れているとのこと。

この張り紙だけでは…どっちにずれるの?ッて感じですが。
 DSC_0908
そんなこんなで遅れつつ、、第1試合、相手はメキシコのManettiというチームです。

結果は14-1で勝利でした。

DSC_0912
 

相手はあまり動いておらず、こちらは好調子であったことが勝因でした。

相手は後半は故障してしまったようで、リタイヤしてしましました。


第2試合は、イランのチームのfarzanegan1です。

結果は、3-24で敗退しました。

こちらの調子が良くなかったということもありますが、相手のロボットが強く、

こちらが動いていたら、かなりいい試合になったのではないかと思います。


午後はSuperTeamでした。

SuperTeamは、調整日のメンターミーティングで抽選し、その結果よりチームが決定しました。

自分たちは、ST-OPL05に割り当てられました。

チーム名は、World Championsです。

一緒のチームは、 

LG-Robots (OPL-06)
Captin Mageed (OPL-15)
farzanegan4 (OPL-20)
SFXRFC (OPL-25)                              

とうちのチーム計5チームでした。

最初は、Surfboard Team(ST-OPL-03)と戦いました。

結果は、2-6で敗退でした。

そのあとは、 IDK Team(ST-OPL-01)と戦いました。

結果は、0-6で敗退でした。 

Bigフィールドはこんな雰囲気でした。
P7220132
 

1日目はこんな形で計4試合を行いました。

日本大会などのように、試合が連続であるわけではないので、

ロボットのメンテナンスに時間が使えるのがりがたいですね。 

なお、1日目終了時点での個別の順位は24チーム中13位でした。

以上、1日目でした。 

ぜむです。

遅くなりましたが、Setupの日のレポートです。

まず、1日目のまえにSetupの日があり、エントリーと調整、インタビューの日でした。 
 
エントリーはこの看板の横にあるところで行いました。

DSC_0893


しかもめちゃくちゃ暑い中並んでエントリーしました。
P7200069
ずららーっと並んでます。

この後調整時間です。

パドックはとても広く、(4人チームに6人席)とても快適な会場です。

机は手作りのようでした。すこしチープな作りですが、十分です。

必要によって、スタッフが修理しているところも見られました。
(ある意味、技術スタッフですね) 

フィールドも手作りで、本番用フィールドをメインの競技会場で作っている姿も見られました

フィールドは、日本大会などと違い、フェルトをベースとし、ペンキで白ラインが塗られている感じです。

このフェルトは、毛羽立ちを防止するためか、ノリが塗布されているようで、固めの質感でした。

練習用フィールドは、ライトウエイトセカンダリの一部?とオープンで3つでした。

ちょっと少なめで混雑しますが、仕方ないですね。

また、インタビューは サッカーの受付に来た順に時間が割り当てられて行きました。

インタビューの内容としては、まずロボットを出して自分たちのロボットの紹介を行い、

その後にインタビュアーから質問が来た形です。

質問の内容としては、機構の説明、ロボットに付いているものの必要性、

センサーについてなどでした。 

調整日はこんなかんじで調整をし、ホテルに戻りました。

パドック、フィールド、会場などの写真は別記事で一気にUPしようと思います。

またまた、ぜむです。

続きまして、ニューヨークからサンパウロ、ジョアンペソアに移動した時の記事です。

まず、ニューヨークで乗り換えのサンパウロ行きを4時間ほど待ちました。

その間に、現地のマックなど、いろいろと食べたりしました。

 そして、サンパウロ行きの飛行機はこちら。
 
P7190032

今度は767-400ERでした。

この機材はディスプレイやらが微妙でしたが、仕方ないですね。

機内食は、夕飯がこちら。チキンとパスタで選べましたが、チキンを選択。

DSC_0782

朝ごはんはこちら。パンとオレンジジュース、別途頂いたコーヒーなどなど。

DSC_0783

そんなこんなで、サンパウロに到着。

DSC_0788

サンパウロでは、ジョアンペソアに向かうTAM航空に乗り換えました。

バスに乗って移動してー

DSC_0795

タラップでの搭乗でした。

DSC_0801

3時間ほどフライトしました。

機内では、このような素敵な風景が見られました。

DSC_0817

また、機内食?でお菓子とクラッカー、チーズが配られました。

DSC_0819

 到着しまして…

P7200050
 
青空がめちゃくちゃ素敵です。

バスでホテルまで移動して… ホテルはこちら!

DSC_0838

ホテルにチェックインしたあとは、各自準備し、19時半から壮行会でした。

各チーム自己紹介をし、ご飯を食べました。

P7200062

個人的には、結構おいしかったです。

ということで、今日までの記録でした!

明日は、SetupDayということで、エントリー、インタビュー、などなどを行う予定です。

とりあえず、本日はここまで。

ブラジルまで一緒に来ている皆様、お疲れ様です!

さぁー明日から大会です、頑張っていきましょう!


お久しぶりです。Gcraudぜむです。

18日(金)から、ブラジル ジョアンペソアで行われる世界大会に出場するために、

ブラジルに向けて移動しました。

現在は無事にホテルに到着して、調整をしています!
 
まず、成田空港から、デルタ航空747-400 DL172便 成田空港発 ニューヨーク行きに搭乗しました。
P7180029

この飛行機に乗って12時間のフライトです。

まず、乗るとお菓子とドリンクのサービスが始まりました。
DSC_0749
映画を見ながら、コーヒーを飲みつつ、お菓子を食べてました。

ちなみに、モニターにはUSBもついていて、充電も出来ました(やたら充電遅かったけど…)

そして、一度目の機内食です。

ビーフとチキンで選べ、チキンを選びました。

DSC_0751

個人的には、まぁ美味しく普通に頂きました。(ちなみに、ビーフは微妙だったらしい?)

さらにずーっとフライトして、深夜に軽食の提供がありました。
DSC_0754

中身は、パン、フルーツ、クッキーでした。

これまた、美味しくいただきました!

深夜のちょうどお腹の空いている時にいただけたので、うれしかったですね。 

朝が来て…朝ごはんです。
DSC_0755

朝ごはんは、焼きそばとオムレツの選択で、焼きそばを選びました。

そんなこんなで、機内食を食べたり寝たり、映画を見ているうちにニューヨークにつきました!

写真はニューヨークについた時の機体の写真です。
DSC_0759

次の記事で、続きを書きたいと思います。

craudです。

結構前に書いていたと思いますが,
世界大会に向け多くの状況のフィールドに対応できるようにいろんな種類のオムニホイールを作っています。
 
とりあえず
サイドホイールの直径が10[mm]のと13[mm],
数が16,20,24個,
メインホイールの大きさが42[mm]と50[mm]のものを作りました。

今余っているオムニホイールの写真を撮りました。
IMG_0119
ドリブラーも作りましたが写真がないので次にupします。

ロボットの写真はまだカバーがついていないのでつけたら写真あげますのでお楽しみに。 

このページのトップヘ