はじめに
大会運営の方、戦ってくれた選手、名刺交換してくれた方ありがとうございます。
名刺交換なんかしたことなかったのでチョーうれしかったです。

去年の大会ではロボットが完成してなかったので今年初めてのジャパンでした。
↓今回のプレゼンです。(キッカーの機構の絵も載ってます。)

BlogPaint
















なんか写真が関東バージョンですね↑
また今度直します。
プレゼン2013ジャパン

直しました。
写真見ての通りほんとは天板が赤いロボットだったんですよ
調整中に割れて本番では白い板に...


 ↓試合の様子


 
リーグ戦第1試合 Team Adrenaline
TJ3かe-gadgetを使っていて片方にはドリブラーがついていました。
ドリブラーがついているほうがボタンの押しミスか、故障が多かったため1対2で戦うことが多かったです。
そのためか結構こっちが有利に試合がすすめられました。

リーグ戦第2試合 Shadow
ロボットの完成度が高く動きがかなり正確でした。
ディフェンスの動きが強くなかなか点が取れず、2台とも正確な動きでゴールを狙ってきます。
特にゴール前でのボールの掻き出しはすごく正確で自チームのロボットが戻ってこないときは確実に決めてきます。
結果は引き分けでした。
また、この試合の前にプログラムの調整ばかりでハードのメンテナンスをしてなかったのでロボットの故障とか1台接触不良等の問題が多くこの試合以降ハードのメンテナンスを重視するようになりました。

リーグ戦第3試合 さぬきUDON
これまでの試合でのダメージか1台しか出てきませんでした。
ハードの完成度が高く、NXTを使っていたのが印象的でした。
NXTであそこまでよく動くロボットを作れるのはすごいと思います。
また、こちらのロボットのオムニにガードがついていなかったためキッカーを巻き込んでしまい申し訳なっかったと思います。 

リーグ戦第4試合 MAGICINC
ロボットの形からホールド力が高く、動きも正確で、キッカーもついているすごく強いロボットでした。
Gcraudのロボットははんぶんパワー押しな面があるので、こういう制御がうまいチームはうらやましいです。
ここのロボットで一番印象的だったのが、超音波センサーのマウントです。
なんか頑丈そうだし何よりかっこよかったです。
()内、僕が思ったことです。↓
(サッカーは審判の判断で試合がどうにでもなります。
特にこの試合ではそれが大きかったです。
初日の調整日で、MAGICINCさんと模擬戦をしたんですがその時はプッシングで点が取れずぼろ負けでした。でもこの試合では審判にあまりプッシングを取られなかったです。)
そんな感じでほんとは負けると思っていたのでこの試合はほんと運が良かったと思います。
あと、MAGICINCさんとはよく話もできて楽しかったです。本当にありがとうございます。

トーナメント第1試合 Moon
背の高いロボットで、ハードが軽そうな感じでした。
取っ手が門?みたいなデザインになってます。最初のほうで赤い鳥居のほうの足が折れてしまい2対1での試合が長かったです。
初日に模擬戦をしていただきありがとうございます。

トーナメント第2試合 team GRA・CHAN
ブログに書いてあった通りものすごい速さでした。
試合ではスイッチが故障していたらしく後半のほうではあまり動きませんでしたが2台いるときは
結構強かったです。
今回はキッカーの動作プログラム追加やボールの掻き出しの動きを変えたのであまり動きはかぶらなかった...かな...

トーナメント第 3試合 team KAIDA
鉄壁のディフェンスがいました。これはまいります…
Gcraudのロボットはキーパーが強いとプッシングばかりしてしまうのでなかなか点が取れないんです。(←キッカーの意味あんのかよw) 
点が取れないで苦戦しているうちにうちのロボットが自滅して逆転。
負けるかと思いました。

トーナメント第4試合 The World 
MAXONモーター搭載+自作オムニ、mbed、ZigBeeでロボット間通信というすごいロボット。
2台でせめて2台で守るという動きをしていました。最初のほうはいい感じに点の取り合いを続けていたんですが、後半からコンパス不良、自滅点が目立ち始め少しづつ点差が開きました。
片方のロボットが相手に行って3対1の試合になっていることもw
その辺の制御の粗さで負けたんだと思います。機体の性能的には負けてなかったと思うので(Gcraudだってタミヤの高いモーター使ったし...)
ちなみにこの試合は決勝戦だったのでこれで負けて結果的には2位でした。 

試合の様子はこんな感じでした。

ロボットの写真上げるとか言ってあげてないや...
今度の更新までには写真撮っておこうと思います。