結果から言いますと予選敗退です。
良い結果が出せなく残念です。申し訳ありません。
言い訳を書かせていただきます↓
前回の記事に上げた画像の通りハードは完全に新型で1から作り直してます。
これが言い訳なんですが判断ミスをしたともいえます。
ジャパン終了後に「新しいハードにするぞー!」とか言って気合で設計始めたんですが、これまでの大会1か月前と違ってテスト前なのと、レポート提出が本格的に始まったのと、英語(英会話)の勉強と...というようにやることが多いのを考えていなかったことが失敗しました。僕(craud)は海外旅行に行ったことがないのでキャリーケース、パスポート等の旅行用品がなく、何が必要な物かを調べるところから始まったため大変でした。
ただ少し良かったのは僕の自慢にもなってしまうのですが、ハードの欠点が見事に無くなったことです。
設計に時間をかけたかいがありました。

次に試合の様子↓
1試合目
あまり言いたくないので聞きたい場合は個人的にお願いします。
2試合目
一日目














1台故障のため1台で戦いました。
相手も故障していたらしく1対1でした。
途中まで押され続けましたが、前半の終わり間際にGcraロボの突撃を相手が喰らってしまいキッカーが破損。
キッカーが動作不能+プログラムがとび気味で、センサーも調子が悪くなったためギリギリ勝てました。

3試合目 (2日目)
2日目















タッチパネルが乗っていて、径大きめなオムニホイールがついてるロボットです。
どうやら両方キーパーになっているためなかなか攻めてきませんでした。
うちのロボはラインセンサーの誤作動がひどくラインセンサーを切りました。
そのためアウトオブバウンズが多発。
この試合の審判は、アウトオブバウンズが多いのが気に食わないらしく後半からラインセンサーをつけるのを強制されました。
この時、なぜかジーよんが覚醒しラインを完全に認識し、ジャパンのスピードにも関わらずアウトオブバウンズしなくなりました。そのためかなりの大差で勝ちました。

4試合目 
ジーよん覚醒終了。
2日目















ついにキーパー復活。あいては今大会4位のチームです。
モータードライバーを変更し動くようになりました。
FWの片輪が動かなくなる現象が起き、キーパーは超音波センサーのあたいが途中でとびとびになりました。
ここのチームもうちのチームの突撃をくらってしまいドリブラーのギヤから異音がしてました。
ゴールを向いてシュートするという攻撃+キーパーの動きに苦戦しながらもなんとか追いつこうとしましたが1点きめると2点ぐらい返されの繰り返しで追いつけませんでした。

こんな感じです。

次に試合で感じたこと↓
マカオのチーム強い...!
ハイパワーで動きもいいのでやばいですね。Gcraは当たりませんでしたが調整などで得意げにロボットを動かしていて周りのチームの視線が集中してたのでたぶん強いんだろうと思ってました。ちなみにそのチームは2位です。1位はチーム名覚えてませんがEMM-CSの人でした。
あと、ずっと優勝するチームだと思っていたcenatex 3Gが途中でいなくなりました。(失格...かな?)
CIMG3161


















優勝チームの写真が無いですごめんなさい...

試合以外↓
世界大会について調べきれていないのと、準備不足などでM Robotsさんに助けられてばかりでした。スーパーチームのことやボールのことなどいろいろ助けていただきありがとうございます。(←文章中で申し訳ありません)
あと、チームでの仲間割れが多かったです。一応僕の学校のサッカーチームでは一番チームワークがいいんですが今回は連続徹夜とロボットの故障による焦りなどから話をする時間が減りチームワークが崩れていました。おそらく今回の1番の敗因です。チームワーク修復の話し合いが必要です。
次に、世界大会なので言葉は基本的に英語。一応、喋れるように勉強したんですが難しいです。
聞くのがせいいっぱいでした。
インタビューなどは海外旅行などによく行くジーよんとgrgr任せです。本人たちはその場のノリで答えればいいんだよ~とか言ってましたが僕は必死でした...英語頑張ってある程度話せるようにしようと思います。

結構メンバーみんな世界大会から刺激を受けたようでいつもハードは僕任せなんですが自分で来年のハードを設計してました。 僕も自分なりに世界大会からいろいろなことを学んだので次の大会(次はサマーチャレンジかな?)で生かしたいと思います。

これ以上は文章が多くなりすぎるためスーパーチームについては新しい記事に書きます。 
あと更新日少なくなってごめんなさい。もうチョイ更新頻度上げます。