zemです。此方のブログには久々ですね。

3月21日-23日に掛けて日本大会が行われました。

そのzemの反省として記事を書こうかと思います。

まず、自分のロボットが出せなかったこと。

といっても、チームとしてはしっかり2台ロボットが出ていました。

出ていたのは、craudの機体とG45Kの機体です。

大会前にcraud機と戦ってzem機が負けたため、craud機が出場しました。

結果として自分のロボットは家でお留守番でした。

個人的に自分のロボットが出せず、チームに全く貢献できていなかったことがすごく悔しかったです。

もっと強いロボットを作りたい、そう思います。

また、直前に自分のロボットはモータードライバが燃えてしまったトラブルが有りました。

今回日本大会中に出場したロボットは、モータードライバが燃えたりというトラブルはなかったので

良かったですが、もしもモータードライバが燃えたらと考えると、恐ろしいです。

しっかりと予備のパーツを用意しておくことがすごく重要であると実感しました。


後は多くのロボットを見て、上位のチームとの違いを感じました。

上位のチームはしっかりとロボットを仕上げてきて、煮詰めていると思いました。

自分たちにはそれが足りていないので、しっかりと煮詰めて出場することを心がけたいと思います。


とにかく、いろんなロボット、人と会うことができておもしろい日本大会だったと思います。

世界大会はどうなるかわかりませんが、それに向けてしっかりと準備を進めていきたいと思います。