craudです。

進行状況について報告します。

世界大会までにやるべきこととして,

ドリブラーの設計(△)
キッカー強化(○)
キッカーの水平打ち機構(○)
オムニホイール製作(✕)
メイン,サブ基板設計(✕)
土台,配置設計(△)
回り込みプログラムの強化(○)
キッカー動作の強化(△)
モーター関数強化(✕)

があって,記号の通りの状態です。
オムニホイール製作,基盤製作,モーター関数が終わればとりあえずは動く形になります。

僕は上から4つを担当していてドリブラー設計に苦戦中です。
2010のT'n'Tっぽいドリブラーを付けたいんですが形がcenatexっぽいので...
2013のマカオロボのような機構でT'n'Tみたいな形にできると見た目とかも目立たないドリブラーができるんじゃないかと思っています。
オムニホイールはさまざまな条件のフィールドに対応するため,いろんな種類のものを持っていきます。ジャパンタイプ(craud機)のオムニも持っていくんですが,サイズが大きすぎたので小型化したものを試作しました。これを金属で作って十分な強度があればこっちを持っていきます。
画像がない記事になってしまうので最後に作ったオムニを載せておきます。 
CIMG4437