本家から紹介がありましたように、旧Nanoは新1年生が引き継ぎ、メンバーはGcraudClassicに移行する事になりました。Classicは新チームで、2016年度からオープンリーグ参加の予定です。
改めましてどうも、GcraudClassicのTADA(@YxTada)です。

5/3-5/4と「せとうちオープン2015」に参加してきました。
結果は、ライトウェイト部門優勝させて頂きました!
他にも、今まで交流の無かった様々なチームの方々と交流する事が出来たので、本当に楽しかったですし、また参加したいと思える大会(交流会)でした。当然来年も時間があれば参加すると思います。

その他、大会の模様を紹介したいと思います。 
せとうちオープン2015は、GcraudNano(2015)-JAPAN2015準優勝マシン(白い方)と、GcraudAir(コンセプトマシン?)の2台でチームを組んで出場しました。 
試合が2日構成だと思ったら、Gcraudは1日目で全試合が終了するスケジュールでした(笑)
IMG_2467
毎回悩まされる「ロボットの工夫した点」については「美しい」と回答しました。
赤い方のマシンは、美しさを重視する余り、ラインを見る事が出来なくなってしまいましたが、大会自体はとても楽しかったので良しとします。
P1110467
大会に参加した2台です。
奥の赤いマシンがAirの新マシン、ぱっと見IRセンサが無いのが特徴です(笑)
美しさを求めすぎて、ラインセンサが残念な仕様になってしましました…。

白いマシンはハードウェアはJAPANのまま、回り込みとゴール捕捉プログラムの考察をしました。 以前より安定した回り込みが出来るようになりましたが、ライン上で停止するアウトオブバウンズは実装が間に合いませんでした(あまり力入れすぎると世界大会マシンが疎かになるので)。

ちなみに、白いマシンに貼ってあるロゴ「ねじなめんなよ」は、そのまま調べていただくと浅井製作所(リンク)がヒットすると思います。以前

でも紹介しました、ねじ工場です。
ロボットに便利な頭の低くて強度の高い精密ネジを販売しています。
関東圏であれば、直接工場を見学する事で、色々面白いものが見れますよ!
IMG_2418
僕も見学してきました。
大きな針金のロールみないなのが材料なんですが、アレが機械に吸い込まれていくと、ネジの形になって出てくるんですね。普段身近なところで沢山使われている”ねじ”ですが、それらがどうやって作られているのか見れる事は滅多に無いと思います。機械が好きじゃなくても楽しめると思います!
ClassicのKP君(写真に居ますが)も「面白かった」そうですので、ソフト屋の方も楽しめるという事で(笑)

JAPANの白いマシンについて「よくこれだけ積んでLightに収めたね」と言われますが、実は浅井さんの低頭ネジがめちゃめちゃ仕事してくれています。普通のなべネジならとっくに重量オーバーしていますから。
低頭ネジは頭が低い分体積が小さいので、軽いです。

脱線してしまいましたが。
せとうちオープンの動画をYouTubeにUPしようと思います。
これから時間があるごとに徐々に動画がUPされていくと思いますが(アカウントはGcraudNano)最初のUPは、個人的に一番白熱した、NitroReactive vs Gcraud(交流戦)です。
 
※フィールドの関係上、アウトオブバウンズ無しの試合です

2:35のG45Kの神の手は見なかった事にします(苦笑)
動画中でもチラッと口に出していますが、ゴールキーパーマシンは軽い方が応答性が高くて有利ですね。Nitro側は、白いマシンの車高が低すぎて、正面の超音波センサが見れなかったらしく、いつもの「避け」が出来なかったようです。こうして見ると、一昔前のオープンBですね。

なぜ味方の片方が敵陣に居るのかという根本的な問題もあるんですが…。

13分間ほど守り続けましたが、守るので精一杯でした…(笑)
Nitroと試合が出来たのは本当に良かったです。メンバーとも交流が出来て、仲良くなれたので最高でした、また試合が出来る機会があったら良いですね!

せとうちオープンでは、1日目の夜にパーティーがあったので、もちろん参加して来ました。
ちょっと身内で群がりすぎたかな…と思いましたが、大丈夫でしょう(笑)
一緒に世界大会出場予定のHAKUTOとも顔合わせが出来たので、世界大会前に交流が出来たのは良かったです。パーティーで余ったパンには悩まされましたが…。
IMG_2448
嬉しいプレゼントも頂きました!
本当にありがとうございます、こういうサプライズ?があるとは思っていませんでした。世界大会頑張って来たいと思います。

という訳で、以上せとうちオープンの報告でした!
また来年も参加したいと思えるような素晴らしい交流会でした、JAPANでも番外編でコレくらいの規模の交流会をやってくれれば良いのにな、と思います(笑)